おすすめスポット

星空を見にひとり旅!おすすめの観光スポット5選と星を見るための準備や注意点をご紹介!

星空に圧倒されたことってありますか?

空一面の星空って、都内に住んでいたり、町明かりが明るい地域だとなかなか見る機会がないですよね。

僕は以前ひとり旅に出た時、沖縄の伊江島でたまたま空を見上げた時、空一面の絶景を見た時、星空って肉眼でこんなに見えるものなんだと感動しましたね。

それ以来、ひとり旅に出た時は夜の星空を気にしています。

今回は、ひとり旅に行くのにおすすめスポット、星空を見に行く時期や持ち物などをご紹介していきたいと思います。

日本の星空ひとり旅でおすすめ観光スポット5選!

星と月

日本にはたくさんの星空の名所がありますが、特にすごい所ってどこなんでしょうか。

実は、日本には日本三大夜景とは反対に日本三選星名所というものがあります。

ライトアップがきれいな夜景とは反対にライトアップが厳禁な場所ですね(笑)

今回は、そんな3つの名所と二つのおすすめスポットをご紹介したいと思います。

美星町(岡山県)

まずは日本三選星名所の一つ美星町です。

岡山県にある星空の観光スポットですね。

この美星町、何がすごいかというと、星空の景観を守るための条例があるんです!

美しい星空を守る美星町光害防止条例(1989年11月22日制定)

(全文)
 美星町には、流れ星の伝説と、その名にふさわしい美しい星空がある 天球に
は星座か雄大な象形文字を描き、その中を天の川が流れている。さらに、地平線
から天の川と競うように黄道光が伸び、頻繁に流れ星がみられる。また、夜空の
宝石ともいえる星雲や星団は、何千年、何万年以上もかかってその姿を地上に届
けている これら宇宙の神秘をかいま貝ることができる環境は、町民のみならず
全人類ことってかけがえのない財産となっている。(一部抜粋)

引用元:美星町公害防止条例

なので、町の光害が少なく、星空の景観が損なわれていないんですよね。

ここでのおすすめスポットは美星天文台

誰でも気軽に夜空を観察できる天文台があるので、肉眼で見えない星の景観も見ることができます!

南牧村(長野県)

次の日本三選星名所は長野県の南牧村です。

この場所も一面の星空を見ることができるのですが、なぜかというと、標高が高く水蒸気量が少ないので、空気中のちりなども少なく、星を見るには適した環境なんですね。

また、南牧村のメリットは、都内からのアクセスがしやすいということです。

都内で、星空を見たいけどな~と思っている方は、この南牧村に訪れてみるのはいかがでしょうか!

石垣島(沖縄県)

 

この投稿をInstagramで見る

 

石垣島星空studio ・ 星空保護区の石垣島で星空フォトツアーをしています!大自然のプラネタリウムを背景に石垣島でしか撮れない思い出写真のお手伝いを^^ ・ ・ 撮影時間は20時〜3時の月が出るまでの間 or 月が沈んでから撮影します📷月の関係で撮影時間は毎日異なる為、お気軽にお問い合わせください! ・ 1組の所要時間は1時間30分程!送迎あり(^^ゞ ・ ツアー当日は ご予約の時間に指定の場所に伺い、当日の天候によってポイントを選びながら撮影場所へと向かいます。撮影後、指定の場所へ送迎します。撮影したデータは編集後にお送りさせて頂きます。 ・ ※満月の1週間前後は月明かりの影響で星が見えなくなる為、当店の星空フォトツアーは行っていません。 ・ ご不明な点などはお気軽にお問い合わせください。 ・ 石垣島星空studio tel:070-5045-9337・ ・ ✽✽3月撮影スケジュール✽✽ ・ ・ 3月7日は新月🌑 新月の前後3日間は月の影響をほとんど受けないので撮影におすすめです! まだ空きありますよ(^^ゞ ・ 3月14日〜22日は満月の影響の為🆖

石垣島星空studioさん(@ishigaki.hoshisora.studio)がシェアした投稿 –

最後の日本三選星名所は、沖縄県石垣島です。

本州に住んでいる人が、行きたいなと思っても気軽に行けるような場所でもないですが、この島では、毎年「南の島の星まつり」というイベントが開催されているみたいですね。

星空を見るたために行くのは厳しいなという人は、このイベントを目当てに石垣島を訪れてみるのも良いですね!

また、石垣島は有名な観光地でもあるので、昼間は観光、夜は星空というのも良く一人旅をするには最適なスポットだと思います!

ひとり旅では、夜の行動をどうしようか悩みがちですが、石垣島ならその心配もなさそうです(笑)

山中湖(山梨県)

ただ星空を眺めるだけじゃな~という人はいないでしょうか。

山中湖は星を見るだけの観光スポットではないんです!

それはどういうことかというと、星空と富士山のコラボレーションを見ることができるんですよ!

空一面の星空に富士山のシルエットがぼんやり見えて幻想的です!

この場所も都内からのアクセスがしやすく、一番星を眺めるのに好ましいとされているのが、山中湖パノラマ台ですね。

ひろのまきば天文台(岩手県)

ここは、岩手県にある天文台なんですが、この場所は2007年に星空が見やすい場所として日本一の星空観察適地に選ばれているんですね。

どういうことかというと、この天文台は牧場の中にあり、夜空を360°見渡すことができるんです。

また施設内には、プラネタリウムや北東北最大級の「反射式望遠鏡」、また「太陽望遠鏡」などの観測機材があり、昼間でも楽しむことができます。

星空のひとり旅はどの時期に行くのがおすすめ?

星空を見るなら冬がおすすめ!

星空を見るのには星座や気温など季節によっても楽しみが変わってくるのですが、星空を見に行きたいとなったらおすすめな季節です!

それはなぜかというと、冬は空気が澄み切っていて日没も早いので、天体観測を楽しむにはぴったりな季節なんですね。

なので、星空を最高のコンディションで見るなら冬が良いです!

冬以外の季節は?

とはいっても、冬って寒いし…ってなりますよね!

星座はあまの川夏の大三角形など、冬に見られないものもありますので、見たい星座の時期に合わせて一人旅に出るのも良いですね。

星空を見るための服装、必要な持ち物や注意点は?

冬に行く場合は服装には注意しよう

観測するのに、これといって必要な持ち物はあまりありませんが、冬に行く場合は服装に注意しましょう。

星空の観光スポットというのは、基本的に空気が澄んでいる、標高が高いなど、都市部の冬の気温より数段寒いです。

 

ヒートテックの二枚重ねは基本になります。その上に着れるものはどんどん着こんでいきましょう。

靴も厚い物が好ましいです。男性であればブーツなどの厚手の靴女性であればムートンブーツなどがいいと思います。

暑苦しいぐらいがちょうどいい格好になりますので、しっかりと厚着していきましょう。

また、胴体ばかりでなく、顔面の寒さ対策もお忘れなく!

マフラー(もしくはネックウォーマー)ニット帽もしっかりしていきましょう!

水筒にコーヒーを入れてほっこり観測

あったかいコーヒーなんかを持参して持っていくと良いですね!

寒い時期はあったかい飲み物が体を内から暖かくしてくれますので必須の持ち物といえるでしょう!

カメラで星空を撮りたい人は三脚を!

星空の写真の撮り方はで大切なのは、シャッター時間を長く使って星空の光を多く取り込むことですよね。

そのためにも欠かせないアイテムが三脚

ぶれないようにカメラのシャッター時間を延ばしてとるためには三脚は必須アイテムなので、しっかり持っていくようにしましょう!

ライト類には注意しよう

もし星空の観光をしに行ったときは、ライト類など発行するものを持ち歩かないようにしましょう。

ちょっとした明かりでも、星空の景観を損なってしまいますし、ほかに見に来ている人がいれば、迷惑になりますので、細心の注意を…!

一眼レフを持っていない方へ

星空の写真を撮ってみたいという方やこれからひとり旅初めてみたいんだよねという方がいらっしゃるかと思いますが、そうはいっても一眼レフって高いですよね。

購入しようと思ってもなかなか手が出しづらいかと思います。

ですが、ひとり旅や星空を見にいくのであれば、一眼レフは必ず持っていたほうがいいです。

その理由はこちらの記事に詳細が乗っているのでこちらの記事をチェックしてみてください!

一人旅はカメラを持とう!旅が劇的に変わるそのワケとは?一人旅をするとき、あなたはその土地の写真を撮りますか? 僕は一人旅をするときは必ず、一眼レフを持っていきます。 カメラを持つ...

 

まとめ

ここまでが、星空のおすすめスポットと持ち物、注意点のご紹介でした。

ひとり旅で、星空を観光に行くという人は珍しいのではないでしょうか(笑)

あまり聞かないですよね!

ですが、星空の観光って、なんだかロマンチックで一人の時間を楽しむにはもってこいだと思います!

日本には今回紹介した場所以外にも星空がきれいに見える場所はたくさんありますので、ひとり旅に出た際は、上を気にしながら歩いてみては?

上の見過ぎには注意ですが(笑)

以上、星空についてのご紹介でした!