おすすめスポット

神社こそひとり旅?参拝の基礎知識と関東のおすすめスポットをご紹介!

一人で神社に訪れたことはありますか?

御朱印を集めている人は、良く訪れるのかもしれませんが、お正月の初詣しか神社に訪れることがないなという人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、神社といってもそれぞれで祭られている神様も違いますし、非常に趣深い場所なんですよね。

なので、一人で訪れるにはうってつけの場所なのでは?と思い、今回は一人旅で神社に訪れるための知識おすすめスポットについて、書いていこうと思いいます。

この記事では

・神社参拝の流れ

・関東のおすすめ神社スポット

・参拝で気になるQ&A

について書かれています

一人旅で行く前に抑えておきたい神社参拝の流れ!

鳥居~参道まで

鳥居をくぐると、そこからは神様の世界になります。深呼吸して、気持ちを整えてからとりいをくぐりましょう。

また、真ん中は神様が通る道なので、端を歩くようにしましょう。

手水舎

神社に入ったら、まず手水舎に行きましょう。

神社に入ると写真のような、柄杓(ひしゃく)が置いてある場所がありますよね。

この手水舎にもきちんとした作法があるのでしっかりと身に着けてから参拝しましょう。

  1. 手水舎の前で軽く一礼
  2. 右手で柄杓を取って水を汲み、左手を清める
  3. 持ち替えて右手を清める
  4. もう一度持ち替え、左手に水を溜める
  5. 口を清めそっと吐き出す
  6. また左手を清めてから、最後に柄杓の柄を立てて、残った水を柄に流して洗う
  7. 柄杓を元の位置に戻して一礼

※柄杓に口を付けないようにしましょう。

これが、手水舎の作法の一連の流れになります。

作法が細かく、文字だけでは覚えるのが大変という方もいらっしゃるかもしれませんが、一度やってしまえば簡単に覚えられます。

拝殿と本殿

お賽銭を入れてから鈴を鳴らしましょう。

参拝時に気を付けたい作法が「二礼・二拍手・一礼」ですね。

  1. 軽く礼をしてから、二回お辞儀
  2. 胸の前で手を合わせて二拍手
  3. もう一度お辞儀

これが一連の流れになります。

拍手をする際は、たたく際に少し手をずらすときれいな音が出ます。

御朱印

御朱印は参拝を終えたらもらうようにしましょう。

どこで御朱印がもらえるかというと、社務所授与所でもらうことができる思います。

 

御朱印帳は開いて渡すようにしましょう。

シーズンによって、御朱印のデザインが変わる神社もあるみたいなので、それをもらいに参拝に行ってみるのも良いですね。

一人旅で訪れたい関東の神社おすすめスポット

明治神宮(東京都)

まず初めにおすすめしたいのが、明治神宮ですね。

神社に一歩踏み入れるとここが都内であることを忘れてしまうかのようなぐらい、存在感あふれる場所。

 

中には、ご神木の「夫婦楠」という神木があります。

この神木は相手に依存する関係を卒業し、お互いに自立した状態で相手を思いやりながら愛をはぐくむといったパワーがあります。

 

都内で自然をゆったりと味わうことができていない人は、一度明治神宮の森の中でパワーをもらいに行くと良いですね!

箱根神社・九頭竜神社(神奈川県)

続いて紹介したいのが、観光地として訪れることの多い箱根で、仕事運をアップさせるパワースポットとして有名な箱根神社です。

箱根神社の参道には、89段の石段があります。

かなり長い階段ですが、厄を落としてもらっている気持ちで登れば、自然と足もついていきますよ!

また、箱根神社の中には、九頭竜の神様をお参りできる九頭竜神社があります。

こちらの龍から出ている水は「竜神水と言って、飲み水にも適しており、1000円で持ち帰りのペットボトルがもらえるようです。

北口本宮冨士浅間神社(山梨県)

続いて、富士山の近くにある大きな社と神木が存在感を放っている北口本宮冨士浅間神社

浅間神社は富士山周辺にいくつかありますが、特にパワーがあるのがこの北口本宮冨士浅間神社と富士山本宮浅間大社ですね。

二つの神社は富士山を挟むように、山梨側静岡側にあります。

 

そして山梨側の浅間神社は、「藤太郎杉」と「富士夫婦桧」があります。

藤太郎杉は「迷いがなくなる」「リーダーシップがある」等のご利益があり、富士夫婦桧には「助け合うことのできるパートナーが見つかる」といったご利益があります。

 

関東近郊からも近く行きやすく、参拝しに行きやすいのでおすすめなスポットです!

川越氷川神社(埼玉県)

小江戸川」で有名な川越。レトロな雰囲気が魅力のこの町で、女性が浴衣を着て訪れるのをよく目にするのが、この神社ですね。

境内には「縁結びの風鈴」と呼ばれる、風鈴がずらっと並んだ道があります。

これは川越の夏の風物詩になりますので、夏にぜひ行ってみてはいかがでしょうか!

息栖神社(茨城県)

View this post on Instagram

息栖神社 ・ 千葉県香取市に有る息栖神社は東国三社の一つで鹿島神宮、香取神宮と合わせて東国三社と呼ばれております😃 その昔、関東以北の人達が伊勢参りの帰路に「下三宮参り」と呼ばれ立ち寄ったそうです😃 今回東国三社を参拝させて頂き、御朱印を頂戴致しました🤗 ・ 御朱印を頂戴致しました。 御朱印の下の印は三笠宮崇仁親王から頂いた水晶の印です😃 ・ #息栖神社 #東国三社 #神社仏閣 #御朱印 #日本の風景 #写真好きな人と繋がりたい #東京写真部 #キヤノン #パワースポット ・ #sightseeing #travel #travelphotograph #instatraveling #landscape #japan #canon #phos_japan #japan_of_insta #art_of_japan #instalike #ig_world_colors #team_japan #color_of_day #jp_gallery #bestjapanpics #instagramjapan #lover_nippon #best_photo_japan #temple

A post shared by ひろみっちゃん (@hiromichichan) on

最後に紹介するのは、東国三社の1つ「息栖神社」です。

 

東国三社といえば、もう二つが「鹿島神宮」「香取神宮」ですが、なぜこのように呼ばれるかというと、

江戸時代にお伊勢参りが流行った時期に、関東以北に住む人たちは、伊勢神宮の後に「下三社参り」という三社を参拝する習慣があったみたいですね。

 

息栖神社を参拝する方は、ぜひ下三社参りをしてみてはいかがでしょうか!

参拝で気になるQ&A

おみくじでよくない運気が出たらどうすればいい?

大切なのは、おみくじに書かれている内容に気づくことだそうです。

確かに、大吉だったら嬉しいし、凶が出てしまうと悲しいですよね。しかし、凶が出たからといってそれが悪いのではありません。

 

読み返したい時は持ち帰り、そうでなければ結んで帰るようにしましょう。

絵馬は何を書けばいいの?

明るくてポジティブなことを書きましょう!

周りの人も幸せになるようなことを書くのがおすすめです。

 

逆に暗いようなことを書いてしまうと、神様から応援されるようなことはありませんので注意しましょう。

神社はいくつも参拝して良いの?

神社はいくつ参拝しても問題ありません。

ただ、いざというときにお願いをする神社は決めておいた方がいいですね!

まとめ

今まで、神社は初詣しか行く機会がなかった人でも一人で神社に出向いてみると、今までとは違った神社の見方ができるかと思います。

 

参拝も大事ですが、神社の中をぐるりと一周してみてはいかがでしょうか。

きっといつも初詣で通っている神社でも、知らない一面や新たな発見があるかもしれません。

 

神社一人旅、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか!