役立つ情報

旅の航空券を安く済ませるコツとLCCについて徹底解説!

航空券の手配、なるべく安く済ませたいですよね。

普段、飛行機を使った旅行では、どのようなことを意識されて航空券を手配されていますでしょうか。

安い航空券が出そろうタイミング空席状況など、いろいろ気にしなければならない点が多くて、難しいですよね。

今回は、賢く航空券を手配するポイントやLCCについてご紹介したいと思います。

航空券を手配するタイミングっていつ頃?

航空券は早めに手配しておけば、旅行が近づいてから買うよりも安く済みますよね!

しかし、ただ早ければいいということでもありません。

航空券の値段は、空席状況によって価格が変動するので、購入した時期より遅いタイミングで安くなる場合もあります。

では、どのタイミングで航空券を購入するのがベストなのでしょうか。

基本的に航空券は3~4ヵ月前に予約を入れる

購入時期として、一番安価で買えそうな時期は、3~4ヵ月前ですね。

旅行日が決まっているのであれば、なるべくこの間に航空券の手配、チェックは済ませておきたいですね!

学生の長期休み、旅行シーズンの航空券は5ヵ月前から

学生の長期休み(3,8,12月)や旅行シーズンは飛行機を利用する人も増えるため、3~4か月前の予約だと、空席状況の関係で高くなりがちです。

なるべく、旅行シーズンは避けていきたいところですが、この期間に旅行に行くのであれば、五か月前から航空券に目をつけておくのが得策です。

また、出発直前の3週間前ごろに安い航空券が出ることも多いです。

そして、新年セールも狙い目です!

納得できる値段の航空券が手配出来たら、そのあとはなるべく情報を見ないようにしましょう。

格安航空会社 LCCの利用を検討してみよう

そもそもLCCって何?

航空券を安く手配するうえで、目にしておきたいのは、格安航空会社のLCCですね。

安さが売りの航空会社ですが、ほかの航空会社と何が違うのか、利用したことがない人からするとわからないですよね。

そもそもLCCとは、

ローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略称で、効率的な運営により低価格の運賃で運航サービスを提供する航空会社を指す。米国の航空自由化を契機に登場し、世界的に航空規制緩和が進む中で各地に数多く誕生してきた。代表的なLCCには、米国のサウスウエスト航空、英国のイージージェット、マレーシアのエアアジアなどがあり、既存の大手航空会社がLCC事業に参入するケースもある。世界的にシェアを伸ばしている。

引用元:コトバンク

といった感じで、ここ数年で成長してきた航空会社で、効率的な運営で安さを確立している会社ですね!

LCCってどんな人に向いているの?

さて、安さが売りのLCCですが、

この航空会社を利用する場合どんな旅行プランの人が向いているのか、まとめてみました。

LCCの利用が向いている人

  1. とにかく安く済ませたい人
  2. 時間に余裕がある人
  3. 機内サービスなどはあまり考慮に入れない人
  4. 早割りプランで申し込むのが厳しい人

といった感じだと思います。

LCCを利用するメリットとは?

とにかく安い!これに尽きる。

LCCを利用する点で最大のメリットはとにかく安いという点ですね。

そして、早朝・深夜発着の便も多く、時間の有効活用が出来ますね!

また、セールも頻繁に行われているので、特に一人旅をされる方や学生は、安さ重視で航空券を手配するならLCCを利用してみるのがいいですね。

安いのにはワケがある!LCCのデメリットとは?

メリットの方では、LCCの安さについて綴ってきたわけなのですが、

安いことにもワケがあり、デメリットの部分も当然ながらあるわけなんですね。

では、そのデメリットが何かというのをご紹介して行きたいと思います。

遅延が多い

まず一つ目のデメリットとして挙げられるのが、遅延や欠航の多さです。

他の航空会社などとも比べてみても、LCCの遅延率はかなり高いです。

時間に余裕のある人であれば、遅延が多いということを頭の中に入れておいてください。また時間にシビアに行動する場合は、利用しない方が得策です。

航空会社やプランによっては変更やキャンセルできない

次のデメリットとして挙げられるのは、プランによっては変更やキャンセルができないことですね。

航空券が安い分、そのあたりの配慮が、ほかの航空会社よりも融通が利かないので、旅行プランを練る際は計画的に決めましょう。

コンパクトでサービスも簡素

機内は他の会社と比べると、コンパクトでサービスも簡素です。

そのため、格安の航空券を手配できるわけなんですが…

そのあたりも、国内の短い距離ならという人やあまり考慮に入れないという人であれば、問題ないと思います。

荷物制限が厳しい

LCCは他の航空会社に比べて荷物制限がかなり厳しいです。

基本的に持っていける荷物は

  • ピーチ航空→手荷物と身の回りの品合わせて10kgまで
  • バニラエア→手荷物と身の回りの品合わせて10kgまで
  • ジェットスター→手荷物と身の回りの品合わせて7kgまで
  • 春秋航空(スプリング運賃)→手荷物は5kgまで 受け取り荷物は10kgまで

といった感じになっています。

春秋航空のスプリング運賃以外は受け取り荷物はすべて有料になっています。

利用する場合は手荷物をできるだけ減らしていくことをおすすめします。

https://botti-trip.com/man-traveling-alone-what-to-bring/

旅のバッグは何を使う?旅に合わせて最適のバッグを解説!以前、旅に出るときに必要な持ち物についてまとめた記事を出したんですが、 持ち物以外にも、どんなバッグで旅行に出ればいいのか、という...

まとめ

ここまでが、航空券を安く手配する方法でした。

安さ重視で行くなら、LCCがおすすめですが、その反面様々なデメリットがございますので、自分の旅行プランに合わせて計画を練るようにしましょう。

また、LCCばかりでなく、タイミングによっては他の航空会社でもLCCと変わらないぐらいの安さで仕入れることも可能ですので、

いろいろと早い段階からチェックしておくといいと思います!